廃墟カフェ

Campus×Compass 中Pです。

 

パンチの効いたカフェをご紹介する

「中Pのパンチカフェ」のコーナー。

8月に番組で紹介したお店です。

 

ノスタルジーを感じられる廃墟カフェ

「RUINS(ルーインズ)」。

DSC_3917

 

 

廃墟に萌えを感じる人も多いのでは

ないでしょうか?

場所は三田市四ツ辻。

国道176号線沿いにあります。

DSC_3974

 

 

建物は木造平屋建て。

うっそうと茂った植物があって、

より廃墟感を出しています。

DSC_3924

 

 

昭和26年から昭和44年まで診療所だったそうで、

そこから30年ほどずっと放置されていて、

今年の6月にカフェとしてオープン。

DSC_3976

 

 

外壁の板に歴史を感じますねー。

DSC_3927

 

 

店内は広々とした空間。

元々の壁や天井は取り払われていて、

柱や梁が見える状態になっています。

DSC_3933

 

 

床は杉板貼り。

DSC_3952

 

 

当時使われていた部屋の札がかかっています。

DSC_3957

 

 

壁には木材のチップを集めて一枚の板にした

OSB合板というものが使われています。

下地に使う材料に意匠性を持たせているのがおもしろい。

DSC_3951

 

 

ソファーは革張りのアンティーク。

しかも席によってすべて違う!!

DSC_3945

 

 

中Pのランチ。

【モン・サン・ミッシェル風オムライス】

2018-09-02-13-50-26

ふわふわのスフレ風オムライスの上に

ハンバーグとデミグラスソースが載っています。

スフレ状の卵はとても軽くて驚き!

 

100%のリンゴジュースと

自家製の黒ゴマムース!

2018-09-02-14-05-07

 

 

こちらのお店は、

オーナーさんが建築リノベーションの会社をされているんです。

 

30年間放置されていた建物だったので、

床も天井も大変なことになっていた。

外観は元のままにしておきたかったそうです。

それがとてもインパクトありますよね。

 

ちなみに、

「ルーインズ」という言葉は「廃墟」という意味。

廃墟カフェ「ルーインズ」でノスタルジーを感じてみてください。