ナツーーー!!!!!!  ハミスト5/18(木)~🎶

松本かのんです♪

立夏らしい陽気ですね。

気持ちの良いお天気で、それだけでウキウキですっ!!!!!!

 

 

 

【これってなぁにかのぉ~ん】

*****「お茶ってなぁにかのぉ~ん」

新茶の季節です。

今年の八十八夜は5/2だったんですが、

緑茶について、いろいろ調べてみました。

そして・・・・

【今晩の一品】

******「緑茶で炊き込みご飯・卵焼き・ポン酢和え~」

こんな感じです。

DSC_2399

 

卵焼きを大きいフライパンで作ったので丸めにくくって

「おにぎり」型ですけどっっっっ

 

〈炊き込みご飯〉お米を少し濃い目に煎れた緑茶で水加減し、炊きます。

その時、お茶がらもちょっと加えました。

〈卵焼き〉溶き卵に、砂糖・みりんを加え、

スプーン1杯のお茶を大スプーン1の熱湯で蒸らしたものを混ぜて焼き上げます。

・・・・両方、お茶の風味があって、面白いです。

〈ポン酢和え〉残ったお茶殻をポン酢で和えたもの。

・・・・・うーーーーん。。。

 

新茶を美味しくいただきながら、楽しんでクッキングしてみて下さいね!

 

 

 

 

【大槌町HOTリポート】

DSC_2407

 

東京・古着の町でおなじみ、下北沢で観てきました!

ショートフィルム上映館の「下北沢トリウッド」です

DSC_2385

 

岩手県大槌町出身の映像作家 大久保愉伊(おおくぼゆい・男性)さんが、

監督/撮影/テキスト/編集/ナレーションをつとめたドキュメンタリー。

28歳の監督が、30年後の2041年に28歳になる姪御さんに宛てた

ビデオレターのようなショートフィルムです。

 

震災発生時は東京にいた監督。

家族の安否を気にかけながら、現地入りできたのが、約2週間後だったそうです。

その時、機材は持って行かなかったのでスマホで撮ったという故郷の映像。

その後、どんどんと変わって行く町の様子。

そして、古い昔の大槌のまち。

2041年。どんな風景が広がるのでしょうね。

 

監督のお手紙です↓

DSC_2384

 

5/28まで上映延長となってます。

東京行かれたら、ぜひ、下北沢まで!

 

 

そして、この映画を観て、私も自分の生まれ育ったまちを歩きたくなりました。。。

DSC_2387

 

小学校は、プレートはかっこよくなってるけど、校舎は変わらなかった!

 

DSC_2388

 

タイムカプセル埋めたんだけどなぁ、ケヤキの樹の下に・・・。

 

 

懐かしい風景だけど、ぜんぶとっても小さく感じました。

私がでかくなったのですねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

DSC_2396

 

母の日に息子たちからプレゼント!

今年はすぐ枯らしてしまわないように育てますっっっ

 

 

 

 

 

 

 

夜中のハチ公(酔っぱらって撮ってるのがバレバレですねぇー)

DSC_2383

 

東京は、何時にどこへ行ってもヒトがいっぱいです。

 

 

 

では、素敵な週末を

また木曜日に~🎶