いまどきモーニン!火曜日

おはように始まり、こんにちはに終わる『いまどきモーニン!』

今日の放送も楽しんで頂けましたでしょうか?

パーソナリティの“かずさん”こと、西岡和哉です!

 

 

★ゲストコーナー

【木接太夫生誕五百実行委員会】より

委員長 野里元治(のざともとはる)さん

実行委員 藤本清志(ふじもときよし)さん  をお迎えしてお話しを伺いました。

s-DSC06525

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚の特別名誉市民となった“木接太夫(きつぎだゆう)”は、なんと500年前の人!

本名を坂上頼泰といい、今や世界中に浸透している“接ぎ木(つぎき)”の技術を考案した人、といわれています。

そんな木接太夫が生きた時代、山本・丸橋・口谷・平井地区の歴史も教えて頂きました!

そして、地元に残る絵図や民話などを集大成した記念誌も発行されています!

「あいあいパーク」を始め、山本綜合園芸組合(園芸流通センター)、市役所農政課、市内の図書館などで読むことができます。写真や絵図がたくさん使われていて、眺めているだけでも楽しい冊子になっていますので、ぜひ一度手にとって見て下さい!

 

 

 

★いまどき健康堂

今日は『正しい目薬の点し方』いついて。

ポイントは目薬を点眼した後、

①まぶたを閉じておく(まばたきNG)

②目頭を軽く指で抑える

そうすることで、目薬の液がより長く目の表面に留まり、浸透するということです!

 

 

★いまどきの言葉“コレってなぁに?”

『忘れられる権利』について。

犯罪歴などのデリケートな個人情報を、インターネットの検索結果から削除できるのか?

今回紹介した事例では、削除は認めない判決を東京最高裁判所が出しました。

個人の事情を尊重する『忘れられる権利』か、ネットによる情報取得の『公共性』

どちらが優先されるべきなんでしょう?