いまどきモーニン!火曜日

おはように始まり、こんにちはに終わる『いまどきモーニン!』

今日の放送も楽しんで頂けましたでしょうか?

花粉症に春の訪れを感じずにはいられない、西岡和哉ですm(_ _)m

 

 

★ゲストコーナー

最終週の火曜日!今月も

摘み菜料理 酒井眞弓さん  をお迎えしてお話を伺いました。

s-DSC00346

 

寒い日と暖かい日が入れ代わり立ち代わりする三寒四温の今日この頃。

寒い日は、根野菜を使った料理で体を温めようというお話からスタート!生姜も良いですし、ウドを使った甘酢漬けのキンピラを教えて頂きました!

 

春は摘み菜の忙しい季節でもあります!

フキノトウの味噌和えや、セリの即席和えが挙がりました。

セリの即席和えは、良く洗ったセリを根も一緒に3cmずつに切り、【しょう油・酢・ごま油・すりごま・味噌・みりん】で和えるだけ!いただく前にお好みで唐辛子をかけてみてもいいそうです。

 

さざんかの手まり寿司は、

摘んでガクから取ったさざんかの花びらを、さっと湯に通し(このとき水には浸けない)、ビンに砂糖少々・甘酢を入れて漬け込む。

50cm四方くらいのラップを用意し、中央にきざんだ黄色いたくあん、その周りを浸けたさざんかの花びらで、花をかたどるように囲います。

そして、5cmくらいに丸めた軽い酢メシをその上に乗せ、白ごまをふってから、ラップを丸めます。

これで、さざんかの手まり寿司の完成です!ぜひ、お子さんと試してみて下さい!

 

最後に、摘み菜をする時は、取り過ぎないこと・・・・と酒井さんはいつもおっしゃいます。

必要な分だけを取り、あとは「来年またちょうだいね」と言って残しておくようにしましょう!

 

 

 

★いまさらライブラリー

伊坂幸太郎 『アイネクライネナハトムジーク』

s-20180227_124451 

理想の“出会い”を求める会社員

電話ごしの“出会い”を続ける美容師と、ボクシングの試合に“恋の進退”をかける男

出て行った妻と娘を“追いかける”男

学生時代のいじめっ子に、社会人になってから“再会”した女性 など・・・

 

世間のどこかで、はたまた数年越しを経てつながっている人たちの連作短篇集。

今回は、登場人物の相関図をメモ帳に整理しながら読み進めて行きました!

 

 

 

★いまどきの言葉“コレってなぁに?”

≪つみたてNISA(ニーサ)≫について。

銀行や証券会社などにNISA専用口座を開設して、その口座を通じて株や投資信託で得た利益が非課税になるというシステム。※専用口座は、ひとり一つまでと規制アリ

2014年から始まったNISAは、年間の非課税対象の投資は120万円、期間は5年などと上限があります。

 

対して今年一月から始まった≪つみたてNISA≫は、さらに初心者が利用しやすくなりました。

年間の非課税対象の投資は40万円、期間は20年間となっています。投資先も、金融庁が絞り込んだ低リスクで安全な商品に限られています。

短期間で資産がドカンと増えることはありませんが、コツコツと確実に資産を増やすことができるお膳立てがされているのが、≪つみたてNISA≫です。