いまどきモーニン!ラスト火曜日

おはように始まり、こんにちはに終わる『いまどきモーニン!』

最終回だった今日の放送も、楽しんで頂けましたでしょうか?

いまさらですが、メガネのパーソナリティの西岡和哉です!

 

 

★ゲストコーナー

最終週の火曜日は、おなじみ!

摘み菜料理 酒井眞弓さん  をお迎えしました。

s-DSC00579

 

春の摘み菜料理をたくさん教えて頂きました!

①ヒメオドリコ草のナッツ揚げ

 輪っか状に結んだヒメオドリコ草に、【きな粉・刻んだピーナッツ・片栗粉】を混ぜた衣をつけて揚げます。ナッツが葉と葉の間に入るように衣をつけると、ボリュームアップ!

 

②ヨメナご飯

 粗めのみじん切りにしたレンコンを小鍋に入れて、【めんつゆ・砂糖】でサッと煮ます。

 そして、よく洗って粗みじんにしたヨメナと一緒に、炊きたてご飯に投入!サックリと混ぜ合わせるだけ!

 

③春菜汁

 鶏ミンチに、みじん切りにしたノビルを混ぜ、しょうゆ仕立てのおつゆへ投入!

 最後に、【菜の花・からし菜・くこの葉】など早春の摘み菜をあしらって完成!

 

どれも簡単に作れるものばかり!摘み菜で春を食卓に呼び込んでみてはいかがでしょう?

 

さて、ぼくがお相手するのは今日が最後ですが、

酒井眞弓さんは、4月からも変わらず最終週の火曜日にいらっしゃいます!

これからも摘み菜 料理のことを聞かせて頂きましょう!

 

 

 

 

★いまさらライブラリー

村山早紀 『百貨の魔法』  をご紹介しました。

20180326_170344

 

昨年12月、このコーナーで紹介した「桜風堂ものがたり」とは、物語の舞台を同じくする姉妹作となっています。

 

時代の流れにより、閉店が噂されるデパート【星野百貨店】

エレベーターガール、テナントの靴屋さん、宝飾フロアのマネージャー、玄関のドアマンに至るまで、

従業員は皆、お店が大好きな人ばかり。未来の閉店は避けられないとしても、今、店を訪れるお客様に精一杯の対応をしていました。

そして創業50周年を迎える春の折り、一人の女性コンシェルジュが配属されます。

従業員誰もが、初めて会うはずの女性コンシェルジュに昔から知っているような懐かしさを覚えるのでした。

 

創業から百貨店を見守っているという“魔法を使う猫”が、従業員たちの願いを聞き届けた時、

人と人とのつながりが奇跡を運んできます。

 

やさしくハッピーな気持ちになれた一冊でしたが、登場人物一人ひとりが抱えていた悩みや屈託には、共感できるところが幾つもありました。

そんな共感を持てた人は、読み終わった後、中の彼らと一緒に少しスッキリできているかもしれません。

 

 

 

 

★いまどきの言葉“コレってなぁに?”

 「放課後等デイサービス」

障がいのある6歳から18歳の就学児童が生活能力を向上させるため、

学校の授業終了後や長期休暇中に通うことのできる福祉サービスのことです。

トランポリンや楽器の演奏、パソコン教室、社会科見学まで、

施設によって実施していることは様々ですが、障がい者の居場所作りの役割を果たしています。

 

2012年4月の児童福祉法改正以来、放課後等デイサービスの利用者は急増し、それに合わせて施設も増えました。

しかし、中にはずさんな運営をしている施設も。ビジネス目的で開業して、支援の質が一部で低下してる現実もあるようです。

それを受けた国は、2017年4月から施設新設時のスタッフ資格要件を、厳しくしました。それより以前からある施設については、来月からその要件が適用になります。

それにより、全国の放課後等デイサービス施設の運営がどう変わってくるのかでしょうか?

 

 

 

 

 

 さて、このブログも、いよいよ最後です。

2016年の4月5日から2年間。いまどきモーニン!(火) にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

西岡はFM宝塚を卒業しますが、

相棒の玉井順子さんは、毎週月曜日17時からの【たからづかタウンガイド】でこれからも宝塚の魅力を伝え続けてくれます。

是非、お聴き下さい!それでは、またいつか!!  s-20180327_115110