宝塚大劇場 花組公演『雪華抄』・『金色の砂漠』

樽井美帆です

 

現在、宝塚大劇場では花組公演が上演されています。

 

2016年の宝塚大劇場公演をしめくくる公演、

またトップ娘役 花乃まりあさん退団公演でもあります。

 

 

宝塚舞踊詩

『雪華抄(せっかしょう)』

 

 

トラジェディ・アラベスク

『金色(こんじき)の砂漠』

 

 

日本物のショーとミュージカルの二本立てです。

 

 

 

宝塚舞踊詩 『雪華抄(せっかしょう)』
作・演出/原田 諒

 

「花鳥風月」という日本ならではの風雅な趣をテーマに、

華麗に格調高く繰り広げる舞踊絵巻。

華やかな初春の風情に始まり、夏のきらめく波濤、秋の月、

そして雪の華が舞う白銀の世界から桜花夢幻の春の讃歌へと、

絢爛豪華な場面が次々に展開されます。

 

国際的に活躍するファッションデザイナー丸山敬太氏が、

衣装デザイン・監修を手掛けているのもみどころの一つ。

 

幕開きはチョンパ。

 

何度見ても、美しいチョンパのオープニングは

涙が出そうなくらい感動しますね。

 

紅白の梅の花に彩られた舞台で、

花の若衆・花の美女たちが艶やかな色とりどりの着物姿で

舞い歌う素晴らしい幕開きです。

 

華やかな幕開きに続いて、専科の松本悠里さんが

帰り来ぬ想い人を偲び、一人舞う『花椿』

 

切ない思いが静かにしっとりと客席を包みます。

 

この場面のカゲソロは、音くり寿さん。

 

『雪華抄』では、素晴らしいカゲソロが効果的に使われています。

 

また、音くり寿さんはお芝居でもカゲソロを担当されていますね。

 

絶妙で心地よい緩急で進行する『雪華抄』、

続いてはスピーディーな舞で表現される「鷹と鷲」

 

熊鷹(明日海りお)と狗鷲(柚香光)の一騎打ち。

 

明日海りおさん・柚香光さん、凛々しいお顔立ちのお二人の

美しさが際立つ素敵な場面です。

 

『レビュー・ステイション』花組『雪華抄』1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわっては、澄んだ星空で繰り広げられる美しい「七夕幻想」

 

七夕の夜、星に願いをかける若者(鳳月杏)と娘(桜咲彩花)の

美しい歌声に続いては、

彦星(芹香斗亜)と織姫(仙名彩世)が年に一度の逢瀬を遂げます。

 

満点の星空を表現したセットが印象的。

心が洗われます。

 

いなせな波の男(瀬戸かずや)の歌声とともに、

海にちなんだ日本の民謡メドレーがスタート。

 

民謡には不思議な力がありますね。

気持ちが高ぶり元気がでます!

 

そして、演出家 原田諒さんが花乃まりあさんの花道を飾るために作られた

「清姫綺譚」

 

明日海りおさんが安珍、花乃まりあさんが清姫を演じます。

 

『レビュー・ステイション』花組『雪華抄』2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早替わり、迫力満点の演出、花乃まりあさんの悲しい愛の表現、

とても美しく心に残りました。

 

フィナーレは「桜花夢幻」

 

『レビュー・ステイション』花組『雪華抄』3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜の花びらが舞う中での豪華絢爛なフィナーレ。

 

今年唯一の日本物のショー『雪華抄』、

新しい宝塚の日本物のショーを見たように思いました。

 

 

 

トラジェディ・アラベスク

『金色(こんじき)の砂漠』
作・演出/上田 久美子

 

昔々、いつかの時代のどこかの国。

砂漠の真ん中にあるその王国の王女は、“ギィ”という名の奴隷を持っていた。

架空の古代世界を舞台に描き出される、愛と憎しみの壮絶なアラベスク。

 

バルバトを弾き歌いながら明日海りおさん登場。

 

明日海りおさんが演じるのは、砂漠の古代王国イスファン国

第一王女タルハーミネの奴隷ギィ。

 

タルハーミネを演じるのは花乃まりあさん。

 

奴隷と王女の許されない恋。

 

苦悩する美しい奴隷ギィ、明日海りおさん。

復讐に燃えるイスファンディヤール、明日海りおさん、

その美しさに何度も会いたくなりますね。

 

奴隷としてうつむいて控える姿も美しく、

タルハーミネに思いをぶつける姿も美しいです。

 

奴隷ギィとの恋など許されるはずなく、

何より自分自身の誇りが許さないことからギィに

わざと高圧的な態度で接するタルハーミネ。

 

花乃まりあさんの強い美しさが光輝きます。

 

セリフの言い方が印象的。

 

時々、抑えられないギィへの思いが言葉の端々に

優しく表れます。

 

『レビュー・ステイション』花組『金色の砂漠』1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日海りおさんと花乃まりあさんが演じる幼少時代、

とってもかわいいですね。

 

自分の立場に納得がいかず、王妃アムダリヤの奴隷ピピ(英真なおき)に、

自分の思いを訴える少年ギィの明日海りおさんもかわいいです。

 

 激しくぶつかりあうギィとタルハーミネと対照的なのが、

心優しい第二王女ビルマーヤ(桜咲彩花)と

穏やかな奴隷のジャー(芹香斗亜)

 

悲しみをこらえて語り部をつとめているジャー。

芹香斗亜さんの優しさ・包容力・気品あふれる姿に切なさがつのります。

 

事の成り行きを静かに見守り美しい涙を流す

仙名彩世さん演じる王妃アムダリヤも印象的でした。

 

ありえない設定に非日常を思いっきり楽しむことができました。

 

観劇後、ふたたびプログラムを読み返し、

さらに新しい発見があったりと、観劇後もじわじわと思い出し

心に残る公演だと私は思いました。

 

フィーナーレのデュエットダンスは、ギィとタルハーミネとして

ストーリー性のある素敵な振付。

 

金色の砂漠で目覚めた二人。

 

『レビュー・ステイション』花組『金色の砂漠』2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奴隷と王女としてではなく、愛し合う二人としてのダンス。

 

追いかけっこをするかのように大階段をかけ上がり、

最後はギィがタルハーミネの頭を抱き、寄り添いながら

大空へ・・・

 

ターバン姿のエキゾチックで情熱的な黒燕尾ダンスシーンも

印象的でした。

 

 

2016年の宝塚大劇場公演がまもなく終わってしまうのは

少し寂しく感じますが、来年の夢の世界を楽しみに

しばらく過ごしたいと思います。