バウ雪組公演「New Wave!雪」感激日記

姿 美保子です

 

210日(金)は

雪組バウホール公演「New Wave!雪」

感激日記をお送りします。

(公演は29日・木~19日・日まで) 

DSCN9479

 

 “New Wave!”は若い学年の生徒たちによるショー作品です。

作・演出の三木章雄さんは

それがこのショーのテーマで目的で、全てです」

と2013年12月「New Wave!花」のプログラムに書かれています。

「New Wave!」はその後 

2014年1月には月組、2015年4月には宙組で上演されました。

同じタイトルですから各組共通のシーンもありますし、

各組のカラーを生かした異なるシーンもあります。

組によって違う波を感じることができる楽しいショーです。

 2月7日(火)NEW WAVE③

2017年2月、待ちに待った波がバウホールにやってきました。

「New Wave!雪」です!

「雪」の波は 清涼な雪解け水のような波!

大海を目指して旅立とうとしているような波に感じられました。

何よりメンバーが若いのです。

それまでの公演では各組とも

研11~研6生の男役さん3~4人が中心となり

出演者の総数は22名でした。

それに対して今回の雪組では出演者が20名。

中心となったのは 

研8の月城かなとさんと研6の永久輝せあさんの二人だったのです。

 2月7日(火)NEW WAVE①

第Ⅰ幕 “New Wave!~オープニング”は

雪組のショー「ゴールデンデイズ」のナンバーから始まりました。

男役の衣装は

もちろん袖口が何段ものフリルになったギラギラのラテンの衣装です。

袖口のフリルは雪組カラーのグリーン!

肩を出した娘役さん達の衣装も華やかです。

 

New Waveではお馴染の

スタンド型の打楽器・ティンバレスの演奏に挑戦したのは

研4の諏訪さきさんと研2の縣 千さん。

そして月城さんと永久輝さんです。

 DSCN9365

とにかく月城かなとさんと、永久輝せあさんの二人は、

始めからずっと出ずっぱりの大活躍でした。

そんな二人を力強い歌声で支えるのは月城さんの同期の愛すみれさん。

永久輝せあさんの同期・叶ゆうりさんや 

研4の陽向 春輝さん、彩みちるさんなども

歌やダンスでステージを盛りたてました。

 

“スノー・クロニクル”から始まった第Ⅱ幕

雪組の名作から「そして、今」「雨の凱旋門」「Joyful!!」など

懐かしい曲が次々と歌われていき、

しばし思い出の時間旅行を楽しませてもらいました。

 DSCN9428

ステージ後方に設けられていた小階段を使って

あの「Night and day」も再現されたんですよ。

「風と共に去りぬ」のフィナーレナンバーとして知られている

あの名シーンを再現したのもあのお二人でした。

レッド・バトラーは月城かなとさん。

ドレスの裾を翻しながら登場してきたのは永久輝せあさん。

黒エンビの月城バトラーと永久輝スカーレットが

熱い視線を交わしながら小粋に踊るこのシーン

見逃せませんよ。

 

「New Wave!雪」感激日記は

210日(金)放送の【レビュー・ステイション】で

チャオ