宝塚歌劇団第103期 初舞台生ラインダンス稽古場披露リポート 放送予定

安來 茉美です。

明日4月21日(金)は、4月12日(水)におこなわれた

宝塚歌劇団第103期 初舞台生ラインダンス稽古場披露模様を、当日のインタビュー音源等も交えながらお送りします

キャトル&桜a

 

宝塚大劇場前の桜も満開!の4月12日(水)。

第103期生の皆さんにお目にかかるのは、

3月2日(木)宝塚音楽学校 第103期生卒業式以来です。

 

 

 

この日は、雪組公演 かんぽ生命 ドリームシアター Show Spirit『Dramatic “S”!』で出演するラインダンス、第15場「’S Wonderful」が披露されました。

まずは永久輝せあさんの歌唱から・・・

towakisea②a

 

その後は103期生による、アクロバティックなダンス!

 

ラインダンス披露中①a

 

 ラインダンス披露中③a

 

 振付は、今回初めての初舞台生ラインダンス担当となるKAZUMI-BOYさん。

『Dramatic “S”!』演出の、中村一徳さんもいらっしゃって、ラインダンス披露後インタビューがおこなわれました

 kazumi&中村

 

続いて初舞台生から代表者4名のインタビューもおこなわれました。

(写真右から、花束 ゆめさん、瑠璃 花夏さん、羽音 みかさん、夢白 あやさん)

代表4人a

 

稽古場には、ラインダンス衣装も飾られていました

衣装a

 

全体写真①a

宝塚音楽学校を卒業されてから、目覚ましい成長を遂げられた

第103期生がそろってロケットダンスを披露する初舞台は

宝塚大劇場 雪組公演

「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」です。

(4月21日~5月29日)

 

くわしくは4月21日(金)午後2時~「レビュー・ステイション」でお伝えします。

どうぞお楽しみに!