2017年5月9日(火)雪組新人公演 ミュージカル・コメディ『幕末太陽傳』リポート

安來茉美です。

私が新人公演リポートを担当するようになってから約半年が経ちました。その時お伝えした内容をブログでも残しておきたいと思い、振り返りにはなりますが、これまで取材させていただいたリポートを順次UPしていきたいと思います。

 新人公演②

今回は、5月9日(火)におこなわれた雪組新人公演 ミュージカル・コメディ『幕末太陽傳』についてです。本公演においては、これまで観客を魅了してきた雪組トップコンビ、早霧せいなさん、咲妃みゆさんの退団公演でもありましたね。新人公演では永久輝せあさん(写真右)野々花ひまりさん(写真左)が演じられました。

 

上演開始は午後6時から。

波音が聞こえる中、緞帳がするすると上がると、そこは幕末の品川宿である相模屋の表通り。

人々が行きかう賑やかな光景のなか、いきなりパンパン!とピストルの音が響きわたり、

外国人の一団と長州藩士たちが颯爽と通り過ぎると、彼らの誰かが落とした包みを拾った町人の男があらわれます。

中身が懐中時計であることを確かめると「物騒な世の中だねえ」とつぶやいて、そっと懐にしまい相模屋に入っていきます。

居残り佐平次・通称イノさんの登場です。

豪勢に芸者を呼び、飲みさわぎ遊びに興じますが、実は一銭も持ち合わせがありませんでした。

翌朝から堂々と居残りを決め込んだ佐平治は、番頭や若い衆顔負けの仕事ぶりで相模屋を

駆け回り、次々起こる騒動を持ち前の度胸と才覚で解決していきます。

 

主人公の居残り佐平次(本役・早霧せいなさん)を演じるのは永久輝せあさん。97期生です。

羽織をひょい!と宙に飛ばして着る佐平次独特の仕草もすっかり堂に入っていました。

2014年の『一夢庵風流記 前田慶次』での奥村助右衛門役、「ルパン三世」「るろうに剣心」「私立探偵ケイレブ・ハント」と早霧さんの背中をつねに見ながら新人公演で育ってきた永久輝さん。確かな存在感がありました。

今回演じた佐平治さん。

とっても飄々としていますが、彼が品川宿にやってきたのは、胸の病を抱えていて、

どうせなら遊びながら死ねたら・・・という後ろ向きな理由がありました。

でもそこに生きる人々に感化されて、彼自身も変わっていくんですね。

佐平次自体が前面にでる主役という事ではなく、周囲の人物を立てることによって、自分が浮きたたせる・・・

宝塚の主演男役にはあまりないタイプの役で、難しさもあったと語られていましたが、

テンポよく進む物語のなか、佐平次をけれんみたっぷりに演じていました。

 

長州藩士の高杉たちが異人館を焼き討ちする計画などを真剣に話している時に、

絶妙なタイミングで割り込んできたり、おそめとこはるが喧嘩している時にも

絶妙なタイミングで「しばらくしばらく~!」と仲裁に入ったり、

ピリピリした場面でも佐平治がいるだけで場がまあるくなっていく。

永久輝せあさんのコメディエンヌっぷりと、所作の軽やかさが光っていましたよ。

 

そして相模屋の女郎・おそめ(本役・咲妃みゆさん)の野々花ひまりさんは今回が初ヒロイン。99期生です。

お客を選り好んでいるうちにトップの座を奪われた女郎の悲哀を、しっとりと演じきっていました。

カラッと明るくて、素直でまっすぐな女性。

口が悪くてけんかっ早いところもあるけれど、幕末の世、激動の時代に生きる彼女のなかには、

何か変わりたい、ここから飛び出してみたいという気持ちがふつふつと沸き起こっています。

そこに佐平治が現れ、その思いはさらに加速していきます。

咲妃さんが、これぞ女郎!な緩急あわせもつお芝居でしたが、野々花さんはしっとりがベース。

でも不思議と女郎らしいんです。憎めない可愛さのある女郎おそめを丁寧に表現されていました。

特に「品川心中」のくだりで貸本屋の金造(鳳翔大さん。本役・叶ゆうりさん)=きんちゃんを翻弄する場面はおくま役(本役・舞咲りんさん)の羽織夕夏さんとの絶妙のかけあいで客席が笑いで包まれました。

 

銀橋での佐平治、おそめのデュエットは、男女の恋愛を醸し出すものというよりは、

何処か似たもの同志の友情であったり、異性を超えた人と人としての絆を感じるものでした。

作品もハラハラドキドキ・・・というのではないけれど、すがすがしくて、どの登場人物も憎めない。たくましく生きる町民たちの姿に元気づけられる舞台でした。

 

さて、終演後には囲み取材もおこなわれました。

 

★まずは舞台を終えての率直な感想は?

永久輝「今、終えてみてまず思うのが、お稽古場で通し稽古などを何回かして、昨日も舞台稽古があったんですけれども、今日のお客様の入られた空間というのが、今までのお稽古していた空間と本当に全然違う気がして、とても緊張しました。」

野々花「今回私はじめて、新人公演でヒロインをさせていただいて、とても緊張していたんですけれども、はじめるまえは。でも舞台上で永久輝さんのお顔を見ると少し安心しまして、それからは緊張がほどけ、いまは終わってとりあえずほっとしております」

 

★演じるうえで本役の早霧さん咲妃さんからは何かいわれましたか?また何を大事に演じてきましたか?

永久輝「自分が引っ張っていく役ではない、周りに影響されるという役どころで、とても私も苦労していたので、その一個一個事件を解決したとか、幸せそうにふたりを逃がすことができた、とか、そういう一個一個のことをちゃんと終わらせて、よし次、よし次、って思ってから次にいったら流れないでしっかりお客様にも見えるからということを言っていただきました。

やることと・・・小道具もですけれど、てんやわんやで私も焦ってしまうんですけれども、

ちゃんとひとつひとつをよしと思って終えることは大事なんだなと、先に行く前にちゃんと落ち着くという事で、なるほど~と思って、そのお言葉は忘れず舞台に立ちました」

野々花「緊張して、一人で焦ってしまうかもしれないんですけれども、ってご相談した時に、やっぱり舞台上のいろんな人とかかわるうえで、相手・・・一緒にお芝居している方の空気をきちんと感じるように、そして相手役の永久輝さんをきちんと感じてお芝居したら大丈夫だと思うよという風に言っていただき、そのことを意識して、今日演じました」

 

★演じていて気持ちよかったシーンはありますか?

野々花「お祭りのシーンがすごく楽しくて。二人でいろいろなお祭りの店を見てここの舞台上にでてきたときに、広いおまつりの場所が広がっているという感じで出てくるシーンなんですけれども。

そこがいろいろお稽古をしてきたなかで、一番すごくたのしくて、幸せなシーンでした」

永久輝「私も祭りの踊りが終わったあとのお芝居かなと思います。途中で雪が降ってくるんですけれども、そこに本当に寒い雪が降っているところにいるような感じが一瞬味わったのと、なんとなくほっと落ち着けた感じがして、野々花ともいろんな話をしながらお稽古したというのもあって、顔見ると安心するというのもあって。祭りの場面の後半ですかね」

 

★トップさんへの感慨

永久輝「私は早霧さんのお役をさせていただくのが、今回が5回目になりまして、本当に1から何から全部教えていただいたという、とても思いの深いお方なんですけれども、そんな早霧さんの集大成である役をさせていただくと聞いて、本当に嬉しかったですし、ちゃんと1から…5回目だからといってその方になれるのでなくて、ちゃんとよくよく初心にかえって、早霧さんという方を拝見して勉強したいという思いがありました」

野々花「咲妃さんが組替えをされてから初めての公演の、伯爵令嬢で一緒にお芝居をさせていただいた方で、すごく娘役としての日々の居かただったり、舞台上での仕草でしたり、本当に素晴らしい方だなとその時からずっと思っていたので、今回咲妃さんがご卒業されるその公演で、咲妃さんのお役をさせていただけたことは本当に嬉しくて、毎日日々お話させていただくなかで、本当に勉強させていただくことがたくさんありまして、この新人公演までの期間でも、本当に毎日が咲妃さんの舞台上でのお姿を観る事も、日々お話することも、すごく毎日がお勉強で、本当にこの役をさせていただけて本当にうれしかったです。」

★東京公演に向けての課題点

永久輝「新人公演の長の期の長として責任もありますし、やはり大劇場公演の新人公演はやることでいっぱいいっぱいに自分がなってしまいがちなので、東京では一回舞台にたったというところでひとつ落ち着きをもって、もっとゆっくり周りをみて、この作品とはどういうものかというのを考えながら、周りの子たちにもアドバイスができるようになりたいなと思いますし、私自身も落ち着いて、もっとちゃんとお芝居する相手の顔をみて、相手の言葉をよくきいて、新鮮にお芝居するという事を課題にしたいかなと思います」

野々花「新鮮にお芝居をすることがすごく難しいなと感じたので、お芝居をするときに大切な新鮮さというものを東京公演でもっと頑張り、そして永久輝さんについて精一杯頑張りたいと思います」

 

なお東京宝塚劇場での新人公演は6月29日におこなわれました。

以上、5月9日おこなわれた雪組新人公演 ミュージカル・コメディ「幕末太陽傳」の公演リポートをお送りしました! (次回は花組新人公演「邪馬台国の風」のリポートをUPします)