星組トップスター 紅ゆずるさん退団記者会見

安來茉美です。

2月6日(水)星組トップスター 紅ゆずるさんがミュージカル・フルコース『GOD OF STARS-食聖-』、スペース・レビュー・ファンタジア『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』(宝塚大劇場:2019年7月12日~8月19日、東京宝塚劇場:2019年9月6日~10月13日)をもって退団されることを発表し、記者会見が行われました。

20190206紅ゆずるさんc

まずは小川理事長からご挨拶がありました。

「ご存知のように紅は『THE SCARLET PIMPERNEL』で大劇場デビューしてくれました。その後、彼女は星組っ子として、本当によく100周年以降引っ張ってくれました。昨年の『ANOTHER WORLD』は、105年の歴史があるタカラヅカの中でも彼女しかできない役をやってくれました。それから第3回の台湾公演、やはり思いが強かったと思います。タカラヅカの1年を占う正月公演(『霧深きエルベのほとり』)でも見事にカールを演じてくれて、正月公演の重責を果たしてくれて、最後まで男役を極めてくれると思っています」

20190206紅ゆずるさん

 

続いて紅さんからのご挨拶がありました。

「私は今年10月13日をもって宝塚歌劇団を卒業させていただくことにしました。

今まで応援してくださいましたファンの皆様、それから宝塚歌劇団を支援してくださいました皆様、本当に感謝しております。最後の日まで、私の持ちうる力を全て出し切り、星組の皆に伝えていけるものは全て伝えていこうと思っております」

 

●今回の退団を決められたきっかけ

「(トップ)お披露目公演が終わってからすぐです。大劇場5作品と決めて、そこまでに力を出し切ろうと思いました」

 

また相手役の綺咲愛里さんには『ANOTHER WORLD』『KILLER ROUGE』の大劇場公演の半ば頃、少し落ち着いてきた頃に仰っていたそうです。

実はその伝えた時期について紅さん自身覚えていらっしゃらなかったらしく、この記者会見の前日に綺咲さんに電話で確認されたそうですね!1時間ほど長電話を楽しまれたとのことでした。最初に退団の事実を伝えられた時の綺咲さんの反応を、紅さんはこのように振り返られていました。

 

 「私は退団するけれども、あなたの人生だから、あなたが退団時期を決めたらいいからねと伝えたんですけれど『もう私は絶対に紅さんと一緒に卒業します』とすぐになんの曇りもなく彼女自身から聞いたので、とてもありがたい、幸せな相手役を持ったなと思いました」

 

さらに退団について組の皆さんには、千秋楽前日の終演後、楽屋で伝えられたとのことでした。その時あまりに明るく紅さんが仰ったため、最初は皆さん固まってしまったそうですが、その後にじわじわ涙を流す方がいらっしゃって…という感じだったと仰っていました。

 

●今、あらためて紅さんから組の皆に伝えたい思いとは?

「宝塚音楽学校は狭き門といわれておりますけれども、本当に数少ない、本当にごく限られた人数しか入れない世界でございます。タカラヅカに入れなかった方々の分の思いを皆背負って舞台に立っているんだよ…ということを伝えていきたいと思っています」

宝塚への思いは今ますます高まっているという紅さん。

その思いの大きさはというと「もう一度退団して入団できるならば入団したいと思うくらい大好きです」

また「音楽学校の時は制服を着る一員になれた幸せ、劇団に入った時は紋付袴を着ている時の幸せ」を邂逅され、涙される場面もありました。

 20190206紅ゆずるさんa

そして「レビュー・ステイション」から安來からも紅さんに、2つ質問をさせていただきました。

●2016年トップ就任以降目指していた星組像&トップコンビ像はありましたか?

「私はもう、初舞台の時から星組で、組周りを経験することもなくずっと星組でしたので、星組の濃さというか、歴代の先輩を思い出しても、本当に濃い、熱い!という思いがすごくありますので、それぞれの皆が1列になって頑張っていこうというよりか、本当に個性を大切に、それぞれの一人一人の個性、自分が見せていきたいもの、お客様にどう届けたいかとか、どういう風な夢をもって帰っていただきたいとか、お客様への思いとか、自分自身がタカラヅカにいる意味とか、実際タカラヅカに入りたいと思った時の感動とかをずっと忘れずに、毎公演大切に演じてほしいと思っておりますが…一言でいうならば、“個性と情熱”ですね!」

 

 ●その中で男役として大切にしてこられたポリシーは?

「男役としてというよりは、一舞台人として、タカラヅカの生徒としてというところだと、私が宝塚歌劇団に出会った時の感動を忘れることなく…毎日同じ時間に同じ公演をしていると、人間やはり慣れてきてしまうのです。だけど観に来てくださるお客様は毎回違いますし、初めてご覧いただくお客様もいらっしゃいますし、やはりそういう方のために、ファンの方のためにも、自分が新鮮な気持ちを絶対に忘れないこと、舞台に立たせていただいていることを当たり前だと思わないことを大切にやってまいりました」

 

そして最後に記者会見ではお決まりの?あの質問も飛び出しました。

●退団後の予定と寿退団の可能性は?

「はぁ~(笑)そうですね、この質問聞かれたかったんですよずっと!ねぇ、理事長!(と顔を見合わせて)この質問がくることを願っておりました。退団後の予定は…今はタカラヅカのことしか考えられないです。タカラヅカのことというより今『霧深きエルベのほとり』『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』の東京公演を控えている状況ですので、目の前のそのことしか考えられない、そのことをむしろ考えていたいという気持ちです。進路については何か可能性が見いだせた時に歩んでいこうかなと思っておりますが、今のところタカラヅカの男役をまっとうしたいという思いが強いです。寿退団の可能性についてはありません!そしてタカラヅカで結婚は私、綺咲愛里としましたので今は綺咲愛里と大切なファンの皆様がいらっしゃいますので、そのことは全然考えておりません」

 

20190206紅ゆずるさんd 

紅さんらしい笑顔とユーモア溢れる、終始和やかな記者会見でした♪

真っ白なスーツ姿と凛とした立ち姿もとても美しかった紅さん。お洋服もご自身が決められたとのことで「純粋な気持ちでお伝えしたかったので白を選びました」

20190206紅ゆずるさんb

紅ゆずるさんが今後出演される作品は

 ●2019年2月15日(金)~3月24日(日)<東京宝塚劇場公演>
Once upon a time in Takarazuka『霧深きエルベのほとり』 潤色・演出/上田久美子
スーパー・レビュー『ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~』 作・演出/中村暁
 ●2019年5月5日(日)~5月13日(月)<シアター・ドラマシティ>
2019年5月19日(日)~5月25日(土)<日本青年館ホール>
楽劇『鎌足−夢のまほろば、大和し美(うるわ)し−』 作・演出/生田大和
 ●2019年7月12日(金)~8月19日(月)<宝塚大劇場公演>
ミュージカル・フルコース『GOD OF STARS-食聖-』 作・演出/小柳奈穂子
スペース・レビュー・ファンタジア『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』 作・演出/酒井澄夫
 ●2019年8月22日(木)~8月23日(金)<ホテル阪急インターナショナル>
2019年8月26日(月)~8月27日(火)<パレスホテル東京>
紅ゆずるディナーショー『(演目未定)』 構成・演出/藤井大介
 ●2019年9月6日(金)~10月13日(日)<東京宝塚劇場公演>
 ミュージカル・フルコース『GOD OF STARS-食聖-』 作・演出/小柳奈穂子
スペース・レビュー・ファンタジア『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』 作・演出/酒井澄夫