宝塚大劇場花組公演『アウグストゥス-尊厳ある者-』・『Cool Beast!!』

樽井美帆です

 

花組公演

ドラマ・ヒストリ『アウグストゥス-尊厳ある者-』

パッショネイト・ファンタジー『Cool Beast!!』

は、当初宝塚大劇場にて4月2日(金)から5月10日(月)までの上演が予定されていましたが、

緊急事態宣言ならびに、これにともなう自治体からのイベントの開催制限

および施設の使用制限が発出されたため、4月26日(月)から5月11日(火)までの公演が

中止となりました。

 

5月10日までの公演でしたので、この公演で退団された花組トップ娘役 華優希さん、

瀬戸かずやさん・副組長 冴月瑠那さん・美花梨乃さん・更紗那知さん・澄月菜音さんが、

お客さんが入った宝塚大劇場の舞台に立つのは、4月25日(日)が最後となりました。

 

華優希さんのサヨナラショーも、退団者の大階段を下りてのごあいさつも、

劇場で見届けることは叶わなくなってしまいました。

 

5月10日(月)千秋楽に予定されていたライブ中継・ライブ配信は、

宝塚大劇場で無観客公演を行い実施されました。

 

また、TAKARAZUKA SKY STAGEにて、花組宝塚大劇場公演『Cool Beast!!』の

フィナーレからサヨナラショー・退団者挨拶までが生放送されました。

 

真っ赤な客席が画面に映し出された時は、衝撃を受け胸が痛くなりましたが、

それ以上に、花組のみなさんの凛とした美しい姿と、

清く正しく美しく舞台に立たれる姿、そして笑顔が印象に残っています。

 

東京宝塚劇場では、5月28日(金)から7月4日(日)まで、

全日程お客さんが入った劇場で無事に上演されました。

 

この公演は、柚香光さんがトップスターに就任し大劇場公演2作目。

前回の大劇場公演が一本立ての『はいからさんが通る』でしたので、

初めてのお芝居とショーの二本立てでした。

 

また、この公演よりオーケストラの生演奏が復活。

昨年7月17日(金)~9月5日(土) まで宝塚大劇場で上演された

柚香光さん・華優希さんトップコンビのお披露目公演『はいからさんが通る』から、

オーケストラボックス内での密集状態を避けるため、音楽は録音になっていました。

柚香光さんがトップスターに就任されてから、初の大劇場生演奏です。

劇場に入って、オーケストラのみなさんがウォーミングアップされている音や

チューニングの音が聞こえてきてとてもうれしかったです。

指揮の塩田明弘さんは、黒いキャップをかぶっていらっしゃっいました。

そして、オーケストラボックスにはフタのようなものがかぶせられていました。

 

 

ドラマ・ヒストリ 『アウグストゥス-尊厳ある者-』
作・演出/田渕 大輔

 

開演前の舞台上の幕には、うごめく雲。

左右には石の柱をデザインしたセット。

太鼓の音が響き、柚香光さんの開演アナウンス。

コロナ禍になってから、この開演アナウンスが本当に尊いものだと感じるようになりました。 

 

古代ローマを舞台に、名門貴族ユリウス家の末裔である青年オクタヴィウスが、

カエサルの後継者となり、「尊厳ある者」を意味する“アウグストゥス”の称号を贈られるまでを、

フィクションと史実を織り交ぜて描かれた物語。

 

古代ローマの美しい時代絵巻を見ているような舞台。

カエサル・ブルートゥス・アントニウス・クレオパトラなど、

一度は歴史の教科書で見たことがある有名な人物が次々に登場。

しかも美しくかっこいい

 

柚香光さんのオクタヴィウスは、ポスターでも迫力満点の目力でしたし、

厳しい人物なのかと思いきや、知的でなんとも優しく争いと憎しみを好まない穏やかな青年。

その優しさのゆえに苦悩する表情、柔らかい言葉が魅力的。

敵にも味方にも優しい言葉をかけて接します。

憎しみに満ちあふれた感情から出る華優希さん演じるポンペイアの言葉・話を

じっとだまって受け止め優しく聞くオクタヴィウス。

相手の話を優しく受け止め聞くことができる器の大きい穏やかな人物であることが、

柚香さんお佇まいや眼差しから感じられました。

 

右手花道からマントを翻し柚香光さん演じるオクタヴィウスが登場。

お顔にかかるウエーブヘアが美しい

最近の公演では珍しく開演早々にトップスターが登場、

それもかなりナチュラルな登場でした。

 

馬を借りようと話しかけた賊に襲われたところを、

水美舞斗さん演じる補佐役のアグリッパに助けられます。

 

優しく知的な柚香光さんのオクタヴィウス、

筋肉頭というニックネームを持つ水美舞斗さん演じるたくましいアグリッパ。

どの公演でも同期のお二人の並びは本当に美しいですよね!

手を差し伸べ、倒れているオクタヴィウスの手を引っ張って起こすアグリッパ。

手を取り合う中に見える二人の絆が感動的でした。

柚香光さんのオクタヴィウスは、ふんわり優しい微笑み、

水美舞斗さんのアグリッパは、明るい太陽のような笑顔。

永遠に見ていたいお二人の笑顔でした!

 

自分の心に芽生える憎しみに戸惑う表情、

望まない方向へ事態が進んだことで浮かべる悲しみの表情、

民衆に手を振り歓声を浴びはにかむ表情、

様々な表情が魅力的で人間らしいオクタヴィウス。

 

強さと脆さの絶妙なバランスもまた魅力的。

 

花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』2

 

どの衣装もとてもカッコいい柚香さんのオクタヴィウスでしたが、

ラストシーンでマントを翻し白の衣装で登場された時は、

あまりのカッコよさに声が出そうになりました!

まるで柚香さんご自身が発光しているように輝いていました

 

華優希さんが最後に演じられたのは、

カエサルに父ポンペイウスを殺された娘ポンペイア。

登場された時の憎しみと怒りのパワー、その気持ちが見事にのったセリフ。

憎しみに満ち溢れた瞳も、悲しいほど美しかったです。

華さんのふんわりした中に強さがある凛とした美しい立ち姿、

そして様々な感情が宿る美しい瞳のお芝居に見とれてしまいました。

アクティウムの海戦の場面で、船に登場した白い衣装の華さんは神々しく圧倒的な美しさ。

清らかで慎ましいたたずまいは、まさに女神でした。

憎しみから解放された気高く優しく清らかで潔いポンペイアが

オクタヴィウスにかける言葉は、華さんの退団を感じさせました。

退団される方の輝きは特別ですね。

 

今回のお芝居でのトップコンビは、お互いに教えあう立場、

気づかされる立場として描かれていたと思います。

お互いを尊敬し、尊重し合う、精神的なつながりが深い関係。

『歌劇』4月号の座談会で華さんは、柚香さんと心で通じ合える役をさせていただけることが

すごく嬉しいですとお話しされていました。

 

柚香さんと華さん、お二人が作り出す空間は本当に素敵

BGMがない静かな空間、照明も暗い空間の中でのお二人のお芝居が心地よかったです。

『僕たちはもう友だ。』というオクタヴィウスのセリフ。

恋愛関係ではなく友人関係として描かれたお二人の最後のお芝居。

オクタヴィウスとポンペイア、二人が一緒にいた時間は決して長くはありませんが、

お互いに得たものが大きかった、まるで柚香光さん・華優希さんコンビのようだと思いました。

 

この公演で退団された瀬戸かずやさんが演じたのはアントニウス。

オクタヴィウスの宿敵です。

黒いマントを翻し、とても大きな存在感があります。

憎しみ・野心・愛など、様々な感情を表現する役には、

これまでの瀬戸さんのすべてが詰め込まれていると感じました。

心から信じていたカエサルが後継者にオクタヴィウスを選んだ前と後では、

表情が全く違いました。

自分の欲望を抑えていた若々しいアントニウスから、自分の欲望・野望を爆発させたアントニウスへ。

クレオパトラを愛し、愛を知ったがゆえに生まれた恐れとの戦い。

自分の夢と野望そして愛に生きる熱いアントニウスが、オクタヴィウスに

『お前は何のために生きる?』と投げかけたセリフ、

そのセリフが間違いなくオクタヴィウスに影響を与えたと感じました。

瀬戸かずやさんのアントニウスには、彼の正義を感じました。

エネルギーが燃える音がする気がするくらい熱いアントニウスでした。

 

専科の凪七瑠海さんが演じたのはクレオパトラ7世。

時を超えてよみがえり本物が登場したかのと思うほどの美しさと貫録。

無表情がゾッとするほど美しかったです

一つの国を率いる知性と品性、強さとエネルギーを兼ね備えた

凪七さんのクレオパトラ。

だからこそアントニウスが愛したのだという十分な説得力がありました。

愛する人の前では可愛く色っぽく、女王としてふるまう時は威厳に満ちた表情と声。

瀬戸かずやさんのアントニウスとのお芝居の間合いがとても色っぽかったです。

 

花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』3

 

水美舞斗さんが演じたのは、オクタヴィウスの盟友であり補佐役アグリッパ。

お願いアグリッパ、そこにいてほしいというところに必ずいる頼もしい存在。

いつもオクタヴィウスを見守っていて、誰よりもオクタヴィウスのことを分かっている。

もしかしたらオクタヴィウス自身よりも分かっていて、そっと導いてくれる。

オクタヴィウスの側で常に支えている水美舞斗さん演じるアグリッパの

笑顔と優しい眼差しに救われました。

また、愛するアントニウスを失った音くり寿さん演じるオクタヴィアに向ける眼差しがステキ過ぎました。

 

もう一人の補佐役マエケナスの聖乃あすかさんと

オクタヴィウスの柚香さん、水美さんのアグリッパ、

三人並んだ姿はキラキラ輝いていました

 

オクタヴィウスの姉オクタヴィアを演じた音くり寿さん。

愛する人がどうあろうとも、自分の心に素直に生きるとても清らかで愛情深い人物。

美しい歌声で感情を表現されていました。

 

永久輝せあさん演じるブルートゥス。

野望と憎しみに翻弄され、周りや民衆の声に操られていく姿には

どことなくブルートゥスの寂しさも感じました。

優波慧さん・飛龍つかささん・帆純まひろさん・希波らいとさん、

チームブルートゥスはとても麗しかったですね。

 

花組『アウグストゥス-尊厳ある者-』1

 

船の上でのオクタヴィウスとアントニウスの対決、

柚香さんと瀬戸さんお二人の魂の立ち廻りは迫力満点で、息をすることも忘れるほどでした。

 

ラストシーンは登場人物が舞台に勢ぞろい、まさに宝塚な美しさを堪能しました。

 

 

 

パッショネイト・ファンタジー『Cool Beast!!』

作・演出/藤井 大介

 

藤井大介さんは、柚香光さんが入団した時から、

野生的な目をした人が入ってきたなという印象を持たれていて、

それからずっと野獣のイメージがあったそうです。

いつかアニマルショーを創りたいと思っていたところ、アニマル役者がきたので・・・

ということで誕生したショー!

 

水の音が響き、夢の王・凪七瑠海さんと夢の女王・美穂圭子さんが現れ、

美しく気高い野獣ベスティアが見た夢物語をお見せしましょうと歌いショーがスタート。

 

美穂さん・凪七さん、お二人の素晴らしい歌声とともにショーが展開していきます。

 

野獣ベスティア柚香光さん、フローレス(花)華優希さん、エストーム(人間)瀬戸かずやさん。

3人は通し役ですが、そのほかの花組のみなさんは野獣です!

 

ギャオギャオと鳴き声が入っている楽しい主題歌

 

野獣ベスティアの柚香光さんは、テーマカラーが赤。

赤いたてがみ、指先や表情、走り方がまさに野獣!

ダンスの振り付けにもジャンプも多いなど、野獣要素がふんだんにありました。

人間ではない存在を踊りで表現することが元々好きという柚香さん。

シャープな野獣ポーズや前かがみで走り出てくる姿が

とてもカッコよかったです

 

華優希さんはフローレス(花)、テーマカラーはヴァイオレット。

一度きりの生命だから、華やかに、ヴァイオレット・クイーン フローレス

という主題歌の歌詞のごとく、どのシーンでも艶やかに咲かれていました

 

瀬戸かずやさんはエストーム(人間)、テーマカラーはブルー。

主題歌の歌詞には・・・

青い星に目覚めた小さな命こそアキラキラ

夢求めた優しい愛に抱かれた日々メモリーアキラキラ

どの場面でも花男の美学を見せてくださいました。

 

雄大なアフリカの大地。

大勢の獣たちが、リーダー格の強者フォルティス水美美舞斗さんを中心に

黒とゴールドの衣装で激しく踊ります。

ベスティア柚香光さんが加わるとさらに激しく!

このショーの中では、ほぼすべての場面でジャンプの振りがあましたが、

柚香光さん、水美舞斗さんの高さのあるジャンプは本当に野獣並みでしたね。

 

野獣たちの中でそっと咲く華優希さんは、とてもかわいく優しい存在。

ヴァイオレット・クイーン フローレスは、様々なヴァイオレットの衣装で登場されましたが、

出てこられるたびに新しい魅力で咲き誇る、退団公演においてもフレッシュで新しい魅力満載の

華優希さんでした。

 

柚香さんの夢でもあった裸足で踊る場面。

美しい川のほとりに佇むフローレスに、恋をしたベスティア。

繊細な花を傷つけないようそっと触れる柚香さんがステキでした

 

獣たちの集うナイトクラブ。

骨付き肉を片手にカッコよく歌うベスティアとフォルティスの色気対決。

マイクに見立てた骨付きのお肉を取り合うダンス対決!

ありえないシチュエーションも、花組のみなさんの熱演と素晴らしいダンスで魅力的な場面に。

柚香さんのことを肉が似合うトップスターと、藤井大介さんも絶賛されていますね。

 

真夜中に繰り広げられるジャングルパーティー。

フェスティバルの女主人、輝く笑顔の華さんの周りを動物たちが次々に歌い踊っていきます。

 

花組『Cool Beast!!』1

 

愛を求め、果てない旅を続けるエストームが、孤独な心を歌う

瀬戸さんのメッセージソングには、胸が熱くなりました。

 

美しい星空を望む荒野の岩場に佇むベスティア。

ベスティアとエストーム、互いに惹かれ近づき触れ合い、どちらともなく踊りだします。

素晴らしい歌声は和海しょうさん。

性別を超えた美しい柚香光さん。

片方がスカートで片方がパンツのようになっている珍しい形の衣装。

素晴らしいリフトもあり、瀬戸さんとのダンスがさらに柚香さんを美しく見せていました。

 

フォルティス水美さんとデンテ舞月なぎささん・永久輝せあさんに襲われた

フローレス華さんを守り助けるため、ベスティア柚香さんが懸命に戦いを挑む場面。

フローレスを守りながら踊るベスティア柚香さんがとってもカッコよかったです

 

花組『Cool Beast!!』2

 

シャンパンゴールドの燕尾服姿の瀬戸さんが大階段で、

ゴールドのドレスの娘役さんに囲まれ歌い踊る姿を見ていると、

これまでの瀬戸さんの舞台がよみがえってきました。

 

柚香光さん・華優希さんコンビ最後のデュエットダンスはタンゴ。

お二人が初めて組んで踊ったのが、『EXCITER!!2018』のプロローグのタンゴでしたね。

柚香さんはシャンパンゴールドの燕尾服で、中のシャツが華さんのドレスとお揃いの紫色。

美穂圭子さんと凪七瑠海さんの歌声にのせて、柚香さんが華さんを守ってあげるようなダンスでした。

 

エトワールは永久輝せあさん。

 

パレードでもギャオギャオと元気のいい歌声が響き渡りました。