🌸折節の記朗読アーカイブ36回目🌸

皆様、こんにちは(*’ω’*)

アシスタントの芦田純子です!

s-image2

さて、本日は

前田明劇場 【折節の記】

「加護~おかげ~」を朗読させていただきました。

 

今回はじめてこの朗読に登場した

3番目の息子さん、薫さんのお話し。

 

2歳のときに残り火の残る砂山に足を踏み入れてしまい

大やけどを負ってしまうお話し。

 

聴いているだけで足が痛くなってしましました・・・

 

現地の病院の先生は「このままでいい」と仰いましたが

前田さんはどうにも不安で、名医と言われるお医者さんのところへ急ぎます。

 

すると「このままでは車いすも覚悟してください」という

なんとも残酷な宣告を受けます。

 

しかし前田さんの対応が早かったおかげもあり

薫さんの足はしっかり治療され。野球ができるまでになりました。

 

ほんの少しの判断でこんなにも未来が変わるのかと

驚きました。

 

言われた通りすべてを受け入れるのではなく

自分の中で思うこと感じることにしっかり目を向けることの

大切さを実感しました。

 

皆さまは本日のお話しどう思われましたか?

 

 

次回の朗読もお楽しみに✨

引き続き番組ではメッセージどしどしお待ちしてます!

 

 

~youtubeにてCM公開中~

さて、現在サンテレビで放映されている

CMがyoutubeでも公開されました♪

 

こちらをクリック!

 

それではまた来週もお楽しみに(*´ω`*)

良いお年を(^^)/

芦田純子