🌸折節の記朗読アーカイブ36回🌸

皆様、こんにちは(*’ω’*)

アシスタントの芦田純子です!

 

さて、本日は

前田明劇場 【折節の記】

「第36回アーカイブ 加護~おかげ~」

を朗読させていただきました。

 

 

前田さんの3番目の息子さん

薫さんがお子様のころ大やけどをされたお話。

 

 

このお話、読んでいて本当につらい

涙が出そうになるんです。

 

薫さんのやけど痛いだろうな、つらいだろうな、

という気持ちはもちろん、

その周りの方の後悔・自責、

そんな気持ちをひしひしと感じ涙が出そうになります。

 

そんな中でも前田さんの即座に起こす行動、

おかしいと感じたら専門家の言葉をうのみにせず

すぐに自分の頭で行動される姿勢、感服です。

 

私だったらかなりパニックになるのではないか、

専門家の方がいっているのだからの

自分の中の違和感にふたをしてしまうのではないかと思います。

 

人間の直感、違和感は本当に当たるそうです。

「なにかおかしい」と思った時には

即座に行動を起こせる人間でありたいと思いました。

 

皆様はどう思われましたか?

ぜひメッセージで教えてくださいね(^^)/

 

次回の朗読もお楽しみに✨

引き続き番組ではメッセージどしどしお待ちしてます!

 

 

~youtubeにてCM公開中~

さて、現在サンテレビで放映されている

CMがyoutubeでも公開されました♪

 

こちらをクリック!

 

それではまた来週もお楽しみに(*´ω`*)

芦田純子