たからづかブリーズサンデー「川柳の時間」ブログ版

毎月、お楽しみいただきまして、ありがとうございます。

毎週第1・第2の日曜日の9時台にお送りしています・・・

「川柳の時間」

今週、ご紹介した投句とお時間の関係でご紹介できなかった句を

講評とともに紹介する「川柳の時間」ブログ版です。

講評は、夕凪子さんです。

 

今月の投稿作品 (「今月の気になる作品」を除く掲載)

 林かずきさん

「春コートに演目替わる映画館」

「夢伸びてジャックを探す初雲雀」

「病室の膳に鰆よ今日は煮て」

 

嘉代子さん

「電池交換春の足音聞こえだす」

 

恵庭弘さん

「あの頃は バレンタインなど 無かったよ!」

「チョコレート 勿体なくて 腐らせた!」

「日本の バレンタインは 残酷だ!」

「チョコ会社 陰謀に皆 乗っかって!」

 

川端日出夫さん

「留まっていると解け出す薄氷」

「北風を掴みきれない蜘蛛の糸」

「手作りのチョコを携え扉開け」

 

 多舵洋さん

「雲掴むまでは毎朝手を伸ばす」

 

史っさん

「おしゃべりは苦手 極彩色のマスク」

「ぎっしりと花粉を詰めておくポーチ」

 

伊藤正美さん

「宣言のこころを癒すとちおとめ」

 

涼閑さん

「月にいるウサギの影が笑ってる」

「からだからはぐれ泣いてるきみの影」

「ときおりは消えるあなたの脚の影」

「よいしょって言うと逃げ出すおれの影」

「夕焼けにとかされていく島の影」

 

弘子さん

「昔話延々続く堀炬燵」

 

文子さん

「難行を続行中の冬野菜」

 

紀子さん

「水仙は春を知らせる天使かも」

 

高良俊礼さん

「書きたてのたけかんむりが揺れて花」

「潮騒のさんずい浴びる頬に風」

 

一橋悠実さん

「強いねと言われる程ぐらりぐらり」

To be continuedの後は未定です」

「自由の身せっかく生まれたのだから」

 

猫又さん

「出荷せぬ木成りの桃と忍び逢ふ」

「持て余す開封無効のラブレター」

 

朧(ろう)さん

「じいさんが竹を割ったら落ちる月」

 

城水めぐみさん

「熟れすぎた林檎まもなく許される」

 

千春さん

「イリオモテヤマネコ月を抱く二月」

「地図を買う如月ひとつさがしてて」

 

徳道かづみさん

「焼酎の水割り 諦めた未来」

「北風を味方につけて出陣す」

「あれは嘘スィートビターチョコレート」

 

小林康浩さん

「帰れない「ふるさと」を吹くリコーダー」

「祈祷師を代えてセカンドオピニオン」

 

ハイジ63さん

「寿司とチョコ二月も痩せず三月へ」

「逃げそうな二月をなだめ側に置く」

 

 

今月の気になる投稿作品(番組内で紹介できなかった作品の中から)

砂狐さん

「前世の名で呼ばれたい雪の朝」

=世界が一変する雪の朝の研ぎ澄まされた

空気感は、まさに前世。

メルヘンを紡ぎ出す繊細な感性をお持ちです。

 

猫又さん

「古傷を焦がして覆うキャラメリゼ」

=バターと砂糖でコーテイングされた古い傷。

それも自分、あんなことも自分。

時間が乙な味を醸してくれる。

バレンタインデーにふさわしい一句。

 

千加子さん

「受け付けのやさしきアルト 病癒ゆ」

=薬でも、施術でもなく、アルトに癒される。

 人間の不可思議な構造を改めて突きつける。

 「やさしき」が少し邪魔でした。

 

小林康浩さん

「迷路から出ると人生終わりそう」

=悩んで迷っていることが人生ならば、甘受するしかない。

 高い垣根に囲まれた迷路の最中には、なかなかこうは思えない。

 春の兆しが見えてくる句です。

 

 

みなさん、今週もたくさんの投句、ありがとうございました。

なお、来月は「3月」がテーマです。 

次回3月7日の日曜日の「川柳の時間」では、

茉莉亜まりさんが講師を担当されます。

3月の香りのする十七字音のドラマをお待ちしております。

 

Edit